Top Page Archives

なぜ早く撞けるんだろう?

ファイル 287-1.jpg昔、USオープンに参加していた時のことです。仲良くなったラファエルマルチネス(アメリカ在住のメキシカンプレイヤーで速いプレイ、トリッキーな技が身上の人気プレイヤー)に「どうしたらあなたのようにスームズにプレイできるの?」と聞いてみたことがあります。 当時の強いプレイヤーはレイズやストリックランドのように自分のテンポでサクサク取り切っていくタイプが頂点にいて、それが主流でした。突然の質問でしたが、マルチネスのプレイに憧れもあったんで彼の考えが知りたかったんです。彼はゆっくりと語ってくれました。「例えば、僕はスパニッシュギターが好きなんだけど、もし一つの音を奏でる度に右手はこうで 左手はこうやって…なんて考えてたら演奏にならないだろう?考えすぎてしまうのは自信が無いのさ。自信が無くて不安だから、いちいち頭で自分の動きや考えを疑って確かめてしまう。 要はね。自分を信じて音楽に身を浸すようにプレイしたほうがずっとスムーズに弾けるんだよ。経験で知った正しい“動き”をイメージしながら、リズムに乗ってプレイすればいいのさ!」...僕はてっきり右脳やらリズムやらという話になるのかと思ってましたが答えはもっとシンプルでした。自転車を漕ぐ時、プールで泳ぐ時、楽器を弾く時を思い出してみてください。頭で考えすぎていては逆に難しいでしょう?
そしてたしかに慎重になりすぎるのは自己不信が原因になってますよね。自己不信によって慎重になりすぎて、プレイがギクシャクしていく(しまいに頭で考えてることが多すぎて、体がついていかなくなる)
 もともとビリヤードは考えることが多いから大変ですし、人によっては慎重が自分のペースなのかもしれませんし、完璧な一球を追い求めてるかもしれませんよ…けれどね、そこにいつもこの悪循環(自己不信→慎重になりすぎる→プレイがギクシャクする)が待ち受けてるんだと思うんです。
こんなバランスさえも考えないといけない…ほんとに難しくて面白いですよね、ビリヤードって。

長いんて少し削りました。あしからず。