エントリー検索フォーム
キーワード

Archive

エントリー

タグ「KERSENBROCK」の検索結果は以下のとおりです。

カーセンブロック

ファイル 924-1.jpgファイル 924-2.jpg

チャレマに来てくれた人がすごい格好良いカーセンブロックを持参して来てくれました。ハギの中にハギがインレイされてるタイプ。シャフトも後から誰かに作られたものではなく、オリジナル!コンディションも良いんで、これはかなりの価値があると見ました!いや〜 いい仕事してますね〜。

KERSHENBROCK

ファイル 481-1.jpgファイル 481-2.jpgファイル 481-3.jpgファイル 481-4.jpg

先日見掛けたカーセンです。エボニー×エボニーのサウスって台湾の人はものすごい好きらしいんで、そうするとこのカーセンはいったいお幾ら万円になるんだろ、と脳内で勘定してしまいました。
このキュー、撞かしてもらったこともあるんですが、硬さもちょうどよく最高に打感がいいキューです。
エボニーだから重いかな、と思いきや、そんなに重くもないんですよねー、もしかしたら、なにか作りにも工夫がるのかもしれないですねぇ。

札幌の友人のブログ「bankpooljp」
でもKERSHENBROCKの画像を載せています。こちらは世界的に有名なコレクション。ぜひチェックです。
http://ameblo.jp/bankpooljp/entry-10805877696.html

categorieの画像集がおおかた直りましたが、まだ少しズレていて、修復中です。すいません。

KERSHENBROCK

ファイル 319-3.jpgファイル 319-4.jpg

このカーセンも千葉のK氏の私物です。すごいですね、音符ときましたかカーセンって昔からこういう曲線の多いインレイを多く作ってますがこれはまた見事ですね。全体の赤めの色合いとシルバー(ゴールド?)の音符が最高に調和が取れてるように見えますね。

KERSHENBROCK

ファイル 297-1.jpgファイル 297-2.jpgファイル 297-3.jpg

千葉のK氏のコレクションでカーセンブロックです。
このモデル、昔はよく「コカコーラ」とか言ってたんですが
ただしくは「DUALITY」(札幌のMさん、間違ってたらゴミンナサイ)と呼ぶらしく、ちゃんと作品に込められた意味があるのだそうです。うーん、深い、とにかく深いんですよ、カーセンは。
どちらも中古ということでしたが、打感いいし、見越し多くないし、いいキューでしたねー。

KERSHENBROCK

ファイル 211-1.jpgファイル 211-2.jpgファイル 211-3.jpgファイル 211-4.jpg

札幌に行った時に決勝会場に訪れた「M」氏のカーセンです。
最近手に入れたもので、バットエンドには4人の偉人、
ジョイントキャップにはフライングレディというインレイがあしらわれてるそうです。今年はお会いできませんでしたが、画像ありがとうございましたっ。

KERSENBROCK

ファイル 172-1.jpgファイル 172-2.jpgファイル 172-3.jpg

このキューもかなり昔に日本に入ってきたものだと思います。使われてる方はハスラー2のブームくらいからこのキューを持って活躍されてました。もちろん今でもよく14-1をされてるみたいです。

当時、こういうサウスやカーセンやタッドなんていうキューを持ったベテランって結構よくビリヤード場にいて、僕らはそのプレイやキュー捌きやキュー自体にスゴく憧れ、見て吸収したものです。
このキュー その時代のフンイキをものすごく感じさせてくれる気がしますね。
  「OLD SCHOOL」  って言葉があるんですが、こういうキュー達にはまさに当てはまる言葉だと思います。

KERSENBROCK

ファイル 170-1.jpgファイル 170-2.jpg

僕が知ってるカーセン・サウスの中ではかなりゴージャスなタイプのひとつ。たぶん海外のコレクターもこの画像には食いつきまくりだと思います。
カーセンがよく使ってたスピアーの模様(スペードみたいなやつ)がハギ先とバットエンドにインレイされ、ハギの中にはメープルの台形のBOXが入るというデザイン。ほかのメーカーにはない、この少し不思議なかんじが好きですね。
メープルの模様もよく出ていてかなりキレイなキューです。

カーセンといえば、札幌のMさん、このサイト、
見てくれてるかなぁ。

KERSENBROCK

ファイル 118-1.jpgファイル 118-2.jpgファイル 118-3.jpg

サウスと思いきや、カーセンブロックでした。このキューはKERSENBROCKがサウスの工房で働いていた時代のもの。
ジョイントが太めでサウスのシャフトだときつくて入らないです。
見分けるポイントとしてはジョイントピンの穴の大きさが判りやすいですが、ほかにもいくつかあるそうでそれらを満たしていると、ようやくKERSHENBROCKということになるそうです。いずれにしても現行のサウスには無いOLD感ですね。
このキューは色合いが渋いだけでなく、突き味もGOOD。
黄色いミカルタの先角も感触が最高にいいですね。

SOUTHWEST

ファイル 68-1.jpgファイル 68-2.jpgファイル 68-3.jpg

ハギなしのSOUTHWESTが大集合、こんな機会ないから撮っておきました。
右端のものは自分の学生時代の先輩の私物。訳あって貸してもらってるとこです。昔にプロの方が使っていたものだそうで
SOUTHWESTのように見えて、どうやらKERSHENBLOCKのもののようです。KERSHENBLOCKはジョイントのピッチがSOUTHより太くらしいですね。
黄ばんだミカルタの先角も古いSOUTHWESTやKESHENBLOCKの特徴です。

ページ移動

  • Preceding
  • Next
  • Page
  • 1