エントリー検索フォーム
キーワード

Archive

エントリー

タグ「激烈ビリヤード動画」の検索結果は以下のとおりです。

動画 NewYorkTimes-Meet Earl strickland

現在、ニューヨーカーに住むストリックランドをNewYorkTimesが紹介した動画です。ビリヤードを始めた頃や自身のキャリアを話しながらいろいろと振りかえってますね。最近、ビリヤードに集中する環境が整ったからか、以前の強さを取り戻してきた彼、またアジアに来ることも出てくるのかな。

ACA Hall of Fame Award ~ 追悼 TAD KOHARA

IMG_1478.jpg945-2.jpg

2011年にTADさんが AmericanCuemakersAssociationからHall of Fameを受賞(つまりは殿堂入りしたということです)したときの動画です。日本でも馴染みの深いキューメーカーのマクウォーター氏とチュディ氏がプレゼンタ―になっていますね。

 1980~1990年代、日本の市場に多くのアメリカのカスタムキューメーカーが進出できたのは、当時の日本ですでに「TAD」というひとつのブランドがあった(僕らの頃には”いつかはタッド”と言われてたくらいです)からこそで、おかげで日本ではアメリカ製のキューに対しての評価が軒並み高かったんだそうです。ショーンやジョスからサウス、マクウォーター、コグノ、ランブロスなどなど、いろんなキューが流行りました。
世界の国の中ではこんなに小さい国の日本ですが、当時のカスタムキューがこんなに沢山ある国もなかなか無いんですよね。つまりカスタムキューの歴史の中で日本は大事な市場であり、ここからいろんな若いメーカーが全米、全世界に飛躍していったと言っても過言ではないんです。
TADさんの殿堂入りは 長年に渡り、クラフトマンシップの高い製作活動を続けただけでなく、こういった功績も認められたからこそでした。工房で撮られたこの動画は派手ではないけれど、ほんとにレジェンドだなぁ、と感じさせてくれる雰囲気が漂ってますね。

追悼TAD KOHARA 動画 from函館

「Forever Tad Kohara」函館の濱田PによるTADさんの追悼動画です。TADさんがお亡くなりになった後に、TADさんと親交のあった徳島の知人の方から昔の写真を分けて頂いたのがこの動画を作るきっかけになったそうで、動画後半に出てくる原田プロと嶋崎プロ(当時の日本を代表する先輩プロです)とTADさんのスナップがそれで、良い雰囲気の写真です。このお二方の滞在の話は僕もお会いしたときに聞きました。まるで昨日のことのように話されていました、ほんとに良い思い出だったんでしょうね。
そのあとに出てくるキュー作りの巨匠達が並んだ写真も良いですね。思うにTADキューのアメリカでの評価は今まで少し難しい面があったんです。その昔のTADキューは頻繁に日本に輸出していたせいでアメリカ国内にはあまり出回らなく、数が少なかったので、まるで幻のキューのように言われていた時代がありました。それでもTADキューを知るプレイヤーやプロのおかげで、その優れた性能や独特のデザイン、こだわりのあるクラフトマンシップが話題になっていき、巨匠として全米で称えられるようになったんです。そういう意味でも感慨深い写真だと思うんですよね。


            Special thanks to hamada takuya PRO

Russian Billiard

こんな面白い動画を教えてもらいました。このゲームのルールはどの球を撞いてもOKで直接入れても1点、撞いた手玉をスクラッチするように入れても1点。入れラッチが2点。の1セット、8点先取り。穴も渋いですがボールも大きい!んでかなり景色悪いはず、相当難しそうでそそります(笑)

ストリックランド対ロシアの少年なんですが、1セット目はとまどうスト様を尻目ににこやかに少年が取り、2セット目はスト様がコツをつかんだか6-0でリードするも、少年が圧感の逆襲。3セット目はスト様が素晴らしいプレイで取り大喜びしますが、4セット目は再びCOOLに少年がゲームセット。

世界にはいろんなゲームがあるもんですね。これポケット台で普通の球を使って簡単なバージョンも出来るかも。

Thomas Ahrens Billard Artistique &Trick Shots

ThomasAhrenという方の曲玉の動画です。
音楽も良いし、曲玉も美しいっす。
美味しいコーヒーでも入れてから、観てみてください。

Rotation Practice by EfrenReyes

HardTimesBilliard で撮影されたレイズの一人練習(フィリピンローテーション)です。失敗に終わるマスもありますが、難しい配置をこなしていくレイズの手玉のコントロールのうまさだけでなく、発想の豊かさや取り切りのテクニックを見てください。こういうゲームをアマチュアのころからやってるから、あれだけいくつもの取り切りパターンを持てるんです。 エフレンがなぜ今でも「エフレン」をキープできるのか?その答えがこういう練習にあるんでしょうね(セオリーや確率論に傾倒しすぎる日本人にはこういうのはちょっと足りない部分なのかもしれません。)

神童?

Facebookで話題になってこれまで1600件以上シェアされている動画です。男の子がスヌーカーの取り切りを披露してるんですが、なんとかして取り切ってるという感じがまるで無い、流れるようなプレイで余裕すら感じさせます。まだキューの長さと背丈がおなじくらいなのに...これはかなり神童かも。

Super ”OnePocket” Shot by Mitch Ellerman

アリゾナのシューター、ミッチエラーマンが試合中に決めたSuperShotです。画面右が彼のポケットなんですが、指で計ったとおりに手玉をコントロールして...
ミスの許されないOnePocketでこんな思い切ったショットを
決めるなんて。この集中力。なかなか日本にはいないタイプです。

李、内垣 vs H,Lombardo、J,Baretta in WMD2011 China

これを勝てばBEST8というゲーム。試合前日、相手チームと練習したんですがボロボロ。すっかりイメージを良くされてのスタートだったんで、前半は相手のいいプレイに引き離され、さらに中盤にミスが多く出て6-1までいきましたが、終盤になって巧く流れを掴みました。はっきり言って、よく勝てたね、これ。長いんで時間ある方にオススメです。

WORLD MIXED DOUBLES 日韓戦 動画

いつまで観れるかわかりませんが、日本vs韓国のTVマッチの動画をUPしておきます!李Pとの会話がかなり聞こえるんで臨場感あるんではないでしょうか。ぜひ観てみてください。

ページ移動

  • Page
  • 1
  • 2
  • 3