エントリー検索フォーム
キーワード

Archive

エントリー

2012年04月の記事は以下のとおりです。

GRADY MATHEWS

ファイル 706-2.jpgファイル 706-3.jpg

アメリカのビリヤード界に貢献されてきたグレディマシューズが
亡くなりました。
もとは9ball、14-1、Onepocketと、どのゲームでもタイトルを総なめにしたオールラウンドのチャンピオンであり、アメリカ中をロードしたマネープレイヤー。
そしてそこからプロモーターとなり、自己資産をも投じながら多くの試合を興業を手がけ、プロ界の礎をつくり、 VIDEOのAccustatsができてからは今度は解説者としておなじみになり、そのコメントから理知的なビリヤードの捉え方、求め方を世に広めました。
このおかげでOnepocketや14-1などの難しいゲームのセオリーやパターン、考え方が広くアメリカに浸透したのだと思います。
加えて、この方が紹介したテクニックはどれもシステマチックであり、実用的。 特に空クッションやバンクに関してのシステムなどはほんとに秀逸です。昔、いろんな「システム」が日本でも流行りましたが(日本では長矢プロが有名)そういった流れを作ったのもこの方のおかげなんではないでしょうか。

INSIDEPOOL
http://www.insidepoolmag.com/201204/billiard-news/grady-mathews-passes.html
AzBilliards
http://www.azbilliards.com/2000storya.php?storynum=9951

陶芸教室へ

ファイル 705-1.jpgファイル 705-2.jpgファイル 705-3.jpgファイル 705-5.jpg

先日の「ムエタイ」に続き、また初心者体験コースに行ってきました。今回は「陶芸」。3500円で初心者にやさしく教えてくれて
、当日作った作品も記念に貰える!という嬉しいコースにテンション上がりまくり、終始キャッキャッ言いながらの受講でした。
粘土をロクロの上に乗せて回しながら、形を作っていく作業はなんか妙に没頭しますね。普段使ってない脳味噌のどこかわかんないけどフル回転した気がします。これは今後の趣味にランクインしそうなかんじ。

この日は一緒に行ってくれたお二人はコーヒーカップを僕は一輪ざしの花瓶を。少しタコ壺っぽいフォルムになっちゃいましたが上手く出来て大満足(後の焼く+色を着けるは先生がやってくれます)
早く手元に来てほしいです。

さーて次は何の体験コースいこうかな。新しいことにチャレンジしたいです。

POOL IS COOL

ファイル 704-1.jpg

当時としてもハイカラな遊びだったんでしょうね
これはPOOLでなくCAROMのようです。

青森煮干し中華そば「ごうかく」    @経堂

ファイル 703-1.jpg

豪徳寺でもつ料理屋をやっていた友人がランチでラーメンを出し始めたら、あっという間に噂が広がって、評論家や雑誌に取り上げられるようになり、昨日ついにラーメン専門の店を経堂(小田急線沿線のラーメン激戦区で有名なとこ)にオープン。
わたくし、まったくラーメンに精通してませんが
さっそく昨日行って参りまして、つけ麺を食べて来ました。いや、
煮干しダシのスープの風味も良いし、麺がみずみずしさを感じるプリプリな麺でとっても合ってましたね。そそる一品です!

実際、青森煮干し中華そばはすでにジワジワとファンを増やしていて新たなジャンルになってるんだとか。
次回はラーメン食べねばっ。

ごうかくは経堂駅隣にあるコルティというショップモールの裏にあり、駅から1分かからないです。

一枚の写真

ファイル 702-3.jpg

最近、自宅の整理をしてるととんでもなく昔の写真を見つけます。

これは1997か1998年くらいの頃の写真で、場所はHARDTIMES(LA)
。このとき、マンスリーに出た僕は調子良く勝ち進み、モローやキースマックレディ(彼らは80~90年代に活躍した有名プロ)やアルロメオなどの地元のハスラーやプロに勝ち、優勝したのでした(これを期にオーナーやアルに可愛がられるようになったんです、ん?武勇伝してる?)実力以上の力が出て、勝ったんで覚えてるんですが、終わった後の僕に舞い込んできたのはレイズ(レイズはこの日はチェスやらカードやらに興じてました)にチャレンジする話が。もちろん断る理由はなく、経験がとにかく欲しい自分はすぐにYESの返事を。
最初は自分が2セットくらいのリードをして、そのあとブレイク後の①をセーフティーしたんですが、その①をマキシマムのひねり+どハードショットのKICKで入れて、手玉を4レールで出されまして…お口あんぐり。ゲームもそこからレイズのショットが冴え、負けました(ま、チョー玉入ってた日だけど、当然だわな)
終わってから僕に何個かのアドバイスをしてくれまして(この内、ひとつがずっと出来なかったんですが最近出来るようになったという始末…もう15年以上経ってるのに)とても参考になったのを覚えてます。ここからすぐというわけではないんですがこれ以降、徐々に国内の成績が伸びていったキッカケにもなった思います。

ちなみに写真は当時、LAで玉修業していたFUJIYAMAのA氏が撮った写真です。以上、武勇伝でした。

GUS SZAMBOTTI

ファイル 701-1.jpgファイル 701-2.jpgファイル 701-3.jpg

カスタムキュー画像はザンボッティ、今回はガスです。
ボトムの象牙のインレイがこの当時にしては手の込んだデザイン
でムムッと来ます。
このキューも全体的にはシンプルなんですけどね。
他のメーカーがこういうキューを作るのとはまた違ったかんじ
すんですよね。余裕があるのかなぁ、なんか
「王道」つーか「大物感」つーか…
ま、とにかく貫禄ある、一本なんですよね。

POOL IS COOL

ファイル 700-1.jpg

視力が8.0とかある人ってめちゃくちゃ狙いやすいのかな?
なんかすげー入れそうな雰囲気がすでに漂ってるね。

「PLAYERS」宇都宮

ファイル 699-3.jpg

4/8は栃木は宇都宮にある「PLAYERS」さんに行ってきました。
オーナーの丸山さんは世田谷で玉を撞いてる時に出会っていまして、そのあとも小山の「GREENFIELD」というお店を紹介してもらったりといろいろお世話になってます。それからもずっと応援して頂いてるんですが、近年はご無沙汰になっていたんです。この日はこのお店のオーナーになってから、初めて行ったんですがとても良いお店でしたよ(スタッフとして木村P、元プロの佐藤久克アマも在籍してます)

TPBA(栃木のアマ連)さんが近く大きな試合があるらしく、PLAYERS常連+僕というメンバーのチームとローテーションで
対抗戦をやりました。120点先取りの勝負で総当たりをしましたよ。いやぁやはりローテは難しい!勝負所がホント痺れるし、さらに団体戦のプレッシャーも重なります。手元がぶれる、ぶれる。
でもホントにメンタルが大事になるゲームだなとうならされましたし、いろいろ気が付けました。
終わった後のチャレマでは黒崎氏、阿久津氏などの懐かしい面々との対決も。濃いぃ一日をほんとにありがとうございました!

POOL IS COOL

ファイル 698-1.jpg

地球のどこでもビリヤードするってのはCOOLだってこと。

翁長Pが「ROCKY」をオープン

ファイル 697-2.jpgファイル 697-3.jpgファイル 697-4.jpg

沖縄に帰郷した翁長Pがついにお店をオープン。場所は那覇市の観光の中心、国際通りにあるそうで、観光で行かれる方には寄りやすい立地です。ここは近くに平和台、ハスラー、BRIDGE、BAATAなどの強豪が集まるお店が多い地区。ROCKYがさらにこの地区を熱く盛り上げて行くでしょうね。

この写真を見ると思うのは、ほんと彼との付き合いも古いんですよ。20年以上前に当時世田谷の自分の通うお店によく59をやりにきだしたのが最初。
59の時の眼がランランと光って、沖縄から
「イリオモテヤマネコ」がやって来た!とよく仲間で噂してました。そのころから良い集中力をしてましたけど、それは今でも落ちてないと思います。一番上の画像は当時のメンツ(右側二人は今でも酒仲間です)。20年前の写真ですが彼だけあまり変わっていないのが凄いですね!
彼との思い出はKINGDOMEやMR.SPORTSMAN以外にもオランダでのIPTの予選や台湾でのTV出演、ラスヴェガスでUS10BALLなど尽きないですが、まだまだこれからも未来に絡むことがあるでしょうね。楽しみです!みなさんも沖縄に行ったらぜひ寄って絡んであげてください。

ページ移動

  • Preceding
  • Next
  • Page
  • 1